ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県立高入試

20年度全国募集 新たに川之江など5校

2019年3月27日(水)(愛媛新聞)

 県教育委員会は26日、2020年度県立高校入学者選抜で全国募集を新たに5校で実施すると発表した。19年度選抜からの継続校8校と合わせて、20年度の実施校は計13校。広域からの生徒数の確保により、教育活動の充実を目指す。

 新たな実施校は川之江、今治西伯方分校、松山北中島分校、三瓶、三間(農業機械科)。実施校は過去3年間の平均志願倍率が0・80倍未満で、全国募集を希望した学校。募集人員は定員の5~30%の範囲で各校が定める。

 県教委は19年度入学者選抜から全国募集を導入。実施校は都市圏などで説明会を開催するなどPR活動に取り組んできた。18年3月に行われた入試では実施8校で生徒11人が合格した。

 県教委は「(19年度入学者選抜で)一定の成果があったことから継続8校、新規5校となったと考える。今後も地域と連携した生徒募集に期待を寄せたい」とした。

 

 継続8校は次の通り。

 今治北大三島分校、弓削、上浮穴(森林環境科)、小田、長浜、三崎、野村(普通科・畜産科)、津島

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。