ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
819日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「学びを力に努力」誓う

愛媛大卒業式 学部生1865人が旅立ち

2019年3月25日(月)(愛媛新聞)

卒業生総代で答辞を述べる法文学部総合政策学科の江本茉央さん=25日午前、松山市道後町2丁目

卒業生総代で答辞を述べる法文学部総合政策学科の江本茉央さん=25日午前、松山市道後町2丁目

 愛媛大の2018年度卒業式と大学院学位記授与式が25日、松山市道後町2丁目のひめぎんホールであり、学部生1865人と院生392人が新しい舞台への一歩を踏み出した。

 卒業式で式辞を述べた大橋裕一学長は、「人は失敗から学ぶ」という著名人らの言葉を紹介し「『いい失敗』は人間を成長させる力を持つ。実社会では複雑な課題が待ち受けているが、常に仮説を立てて新たなリスクに挑んでこそ真に生きた知識が生まれる」とエールを送った。

 卒業生総代の法文学部総合政策学科、江本茉央さん(22)は充実した4年間を振り返り「失敗や行き詰まることもある大学生活だったが、成長を感じることも多くかけがえのない宝物。学んだ知識や技術を最大限に生かし、努力していきたい」と決意を述べた。

 式を終えた卒業生は、門出を祝う後輩から花束などを受け取り、仲間や家族と記念撮影。教育学部生を代表し学位記を受け取った越智菜月さん(22)は「勉強やサークルなどいろんなことに挑戦できた大学生活だった。今後は学びや経験を生かし、まちづくりに関わる仕事に携わりたい」と抱負を語った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。