ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校選抜

フェンシング 愛媛で初開催 自転車 渡辺3位、北宅4位 松山城南勢入賞

2019年3月23日(土)(愛媛新聞)

フェンシングの開会式で選手宣誓する三島の石川主将=県武道館

フェンシングの開会式で選手宣誓する三島の石川主将=県武道館

渡辺諒馬

渡辺諒馬

北宅柊麻

北宅柊麻

 全国高校選抜大会は22日、自転車やボートなどが各地で行われ、愛媛勢は自転車の男子ポイントレースで渡辺諒馬(松山城南)が3位に入った。男子3000メートル個人追い抜きでは北宅柊麻(同)が4位入賞した。

 フェンシングは愛媛県武道館で開幕した。24日までの3日間、男女89チームが各種目の頂点を目指して剣を振るい、地元からは女子の三島がエペ、サーブル、フルーレの全種目に出場する。

 愛媛では初開催。開会式で三島の石川せと主将が「競技を心から楽しみ、練習を共にした仲間と励まし合い、全力を尽くして戦い抜く」と宣誓した。

 22日は男女のフルーレ3回戦までが行われ、三島は1回戦で西大寺(岡山)に敗れた。

 

◆勝てる力つけたい◆

 【松山城南・渡辺諒馬】(3位入賞)「優勝しか狙っていなかったし、それができるだけの脚の力はあったが、位置取りなどが悪かった。これからレース経験を培い、状況が悪くても勝てる力をつけたいと思う」

 

◆予選で自己新 収穫◆

 【松山城南・北宅柊麻】(順位決定戦で敗れるも4位入賞)「予選で自己ベストが出せたこと、特に後半もペースを落とさずに走ることができたのは収穫になった。(24日の)ロードレースへ気持ちを切り替えて臨みたい」

    関連ニュース

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。