ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
419日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

23日開幕

松山聖陵、大会前最後の練習試合に勝利 センバツ

2019年3月22日(金)(愛媛新聞)

大会前最後の練習試合で3点三塁打を放つ坂本=21日、神戸市

大会前最後の練習試合で3点三塁打を放つ坂本=21日、神戸市

 23日開幕の選抜高校野球大会に出場する松山聖陵は21日、神戸市内の球場で大会前最後の練習試合を行い、9―2で勝利して初戦に弾みをつけた。

 昨夏の東兵庫大会ベスト8の兵庫工と対戦。0―1の一回裏、無死一、二塁から折田の2点三塁打で早々に逆転した。5―1で迎えた六回には、2死満塁から坂本が走者一掃の三塁打を放ち、9―1と引き離した。

 投げては3投手がリレー。2番手の平安山は3回を1人の出塁も許さないパーフェクトピッチングで、相手に流れを渡さなかった。

 球場の使用時間の都合で試合は七回途中で終了。追加点を挙げた坂本は「大きいのは狙わず、単打でランナーをかえすイメージで打った。体が少し流れたが芯でミートできた」と手応えを得た様子。好投の平安山も「最後の調整としていい感じで終わることができた。持ち球の精度をさらに上げていきたい」と話していた。

 

 

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。