ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
819日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

社会人野球春季四国

松山PX初優勝 四国銀を9―1

2019年3月19日(火)(愛媛新聞)

 社会人野球の春季四国大会最終日は18日、徳島県の鳴門オロナミンC球場での準決勝1試合と決勝が行われ、決勝で松山フェニックス(PX)が四国銀行(高知)に9―1で大勝し、初優勝を果たした。

 松山PXは初回、内野安打で出塁した山口晃が押し出し四球で生還し先制。三回にも奥津、高畑、大井の3連打で2点を追加した。3―1の八回、高畑の適時打や山口哲の適時二塁打などで6点を挙げ突き放した。先発の伊藤は走者を出しても要所を締める投球で1失点に抑えて完投した。

 伊藤は最高殊勲選手賞を受賞。奥津が首位打者賞に輝いた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。