ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1014日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全日制52校、定時制10校

県立高合格発表 8219人に桜咲く

2019年3月18日(月)(愛媛新聞)

合格を喜ぶ松山工業高の受験生=18日午前、松山市真砂町

合格を喜ぶ松山工業高の受験生=18日午前、松山市真砂町

 

合格を喜ぶ松山工業高の受験生=18日午前、松山市真砂町

合格を喜ぶ松山工業高の受験生=18日午前、松山市真砂町

 

 2019年度愛媛県立高校入試の合格発表が18日あり、分校を含む全日制52校と定時制10校の合格者計8219人が歓喜の春を迎えた。

 全日制は総定員9225人に対し合格者8137人、定時制は同440人に対し同82人。19年度入試から8校9学科を対象に導入した全国募集では11人が合格した。志願変更後の最終倍率は全日制0.93倍、定時制0.22倍だった。

 松山市真砂町の松山工業高では受験生や保護者らが緊張した面持ちで待つ中、午前10時に受験番号が書かれたボードが掲示された。番号を見つけた受験生は「やった」と拳を突き上げたり友人と抱き合ったりして喜びを爆発させた。

 県内全学科中、最高競争倍率(1.63倍)だった建築科に合格した伊予市伊予中学校の男子生徒(15)は「倍率は不安だったが、試験に向けてやれることをやって合格を信じた。部活と勉強の両立を頑張りたい」と力を込めた。

 受験生は1カ月間、各校で調査書と入試の得点の開示請求ができる。定時制2次募集の出願期間は19日午前9時~25日正午。試験は28日、合格発表は29日に行う。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。