ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山

走り続ける心構え伝授 末続さん、市民と触れ合い

2019年3月18日(月)(愛媛新聞)

参加者と触れ合いながらウオーキングに臨む末続さん(左から3人目)

参加者と触れ合いながらウオーキングに臨む末続さん(左から3人目)

 スポーツ選手育成などを目指す「まつやまスポーツフォーラム2019」(松山市スポーツ協会主催)が17日、松山市市坪西町の松山中央公園であり、北京五輪銀メダリストの末続慎吾さん(38)が市民ら約350人に走り続けるための秘訣(ひけつ)などをアドバイスした。

 末続さんは2017年、9年ぶりに陸上の日本選手権に出場。生涯現役を掲げる理由として「世界のスポーツシーンを渡り歩いてきて、スポーツは人生を豊かにすると感じた。そういう思いを伝えたい」と強調した。続けるための心構えについては「すぐに速くなろうとしないこと。走らなければならないという考え方ではなく、歩いても途中でやめてもいいという心の持ちようが大事」とした。

 参加者は末続さんと一緒に公園周辺約5キロのウオーキングにもチャレンジ。松山市三津浜中2年の生徒(14)は「末続さんは練習が嫌いだと言っていたが、モチベーションを保てるのがすごい。自分も目標達成のために練習を楽しくこなしたい」と真剣な面持ちで語った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。