ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
418日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

やってやろう甲子園

選抜野球 松山聖陵の選手らが出発

2019年3月18日(月)(愛媛新聞)

甲子園へと出発する松山聖陵の選手たち=17日、松山市久万ノ台

甲子園へと出発する松山聖陵の選手たち=17日、松山市久万ノ台

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場する松山聖陵(松山市久万ノ台)の選手ら35人が17日、学校を出発した。

 午前7時ごろ、選手たちがバスに乗り込むと、集まった約10人の保護者らが手を振りながら見送った。

 大村侑希選手(17)は「甲子園でやってやろうという気持ち。バッティングではタイミングを意識してしっかりやっていきたい」。根本大蓮主将(17)は「チームは打撃の調子が上がってきているので試合で実力を出せれば。あまり時間がないが、しっかりと準備したい」と意気込みを語った。

 中本恭平監督(30)は「やることはやってきたので後は(結果が)どう出るか。とにかくけがのないように万全の状態で臨み、選手たちには思い切ってやってほしい」と話した。

 松山聖陵は大会第5日第2試合(午前11時半開始予定)で大分と対戦する。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。