ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

守護神の進化 岡本昌弘

2019年3月17日(日)(愛媛新聞)

パス回しに加わることで攻撃でも貢献する岡本昌弘

パス回しに加わることで攻撃でも貢献する岡本昌弘

 川井健太監督率いるチームを特徴付けるのが、最終ラインからの丁寧なビルドアップだ。じっくりとパスをつなぎ、守備網を攻略していく。今季はGK岡本昌弘がパス回しに積極的に加わり、さらに幅が広がった。

 DFが相手に迫られたとき、後方から顔を出してパスを散らす。岡本が選択肢として控えることは、効果的かつ安全にボールを運ぶビルドアップにおいて大きな意義がある。「信頼できる逃げどころが後ろにあるのは、でかい」という前野貴徳の言葉が、全てを表している。

 昨季は鉄壁の守備を見せた。今季は攻撃でも一役買う。それは、岡本が35歳にしてつかんだ進化と言えるだろう。「新しいチャレンジで楽しい。凝り固まりたくないし、プレーを決めつけたくない」。ベテランの域に達しても吸収力を失わないのが、いつも謙虚なこの人らしい。

 「サッカーは11人でやるって改めて感じる。仲間とのつながりを意識しやすくなった」。今節戦う山口は、激しいプレスを持ち味とする。それを超えるパスワークからゴールが生まれたとき、岡本も一人の功労者としてひそかに輝くだろう。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。