ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

売り上げ寄付で海道振興

サイクリングをチョコで応援 フルタ製菓

2019年3月14日(木)(愛媛新聞)

フルタ製菓が発売する「しまなみわなげチョコレート」(同社提供)

フルタ製菓が発売する「しまなみわなげチョコレート」(同社提供)

自転車観光振興などの包括連携協定を結んだフルタ製菓の古田社長(右)としまなみジャパンの菅理事長

自転車観光振興などの包括連携協定を結んだフルタ製菓の古田社長(右)としまなみジャパンの菅理事長

フルタ製菓が発売する「しまなみわなげチョコレート」(同社提供)

フルタ製菓が発売する「しまなみわなげチョコレート」(同社提供)

自転車観光振興などの包括連携協定を結んだフルタ製菓の古田社長(右)としまなみジャパンの菅理事長

自転車観光振興などの包括連携協定を結んだフルタ製菓の古田社長(右)としまなみジャパンの菅理事長

 創業者が伊方町出身のフルタ製菓(大阪市、古田盛彦社長)は13日、5月の瀬戸内しまなみ海道開通20周年を記念したパッケージで、自転車やヘルメットに貼れる反射シール付きの「しまなみわなげチョコレート」(216円)=写真上、同社提供=を3月28日に海道沿線で発売すると発表した。海道の自転車観光振興に向け売り上げの一部を寄付する。

 

 同社は古田鶴彦会長(84)ら3兄弟が1952年に創業。2018年度に発売50周年を迎えた「わなげチョコレート」がサイクリングと「リング」で共通するとして、しまなみ版を作った。海道をデザインした包装で、シールは九つの橋や上島町のゆめしま海道など12種類。28日は尾道市の因島水軍城と今治市の来島海峡展望館で発売し、順次拡大する。

 

 同社は13日、今治市砂場町2丁目の市レンタサイクル施設・サンライズ糸山で、海道沿線の今治市、上島町、広島県尾道市などでつくるDMO「しまなみジャパン」(理事長・菅良二今治市長)と包括連携協定を締結。売り上げの3%を寄付し、災害時の菓子類提供なども検討する。

 

 協定締結と同時発表のチョコレートを見て菅理事長は「海道PRの起爆剤にする」と大喜び。古田社長は「サイクリング観光振興へ自転車の両輪のように走り続けましょう」と応じた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。