ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
619日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

青き伝道者たち FC今治2019新戦力

<4>MF 上原拓郎(27)=前熊本 進退懸け練習から全力

2019年3月13日(水)(愛媛新聞)

MF上原拓郎

MF上原拓郎

 高卒や大卒の若手と経験豊富なベテランの二極化が顕著な今季の新戦力の中で唯一の中堅選手。「自分の一番良い時期を上を目指している場所で勝負したい」と、J3昇格に挑む今治に戦いの場を求めた。

 4年間在籍したJ2熊本を契約満了になり、昨年12月にJ合同トライアウトに参加。そこで再会した元熊本指揮官の小野剛監督から誘いを受け、「FC今治はJ3下位のチームより環境やビジョンがしっかりしている」と迷わず決断した。

 プロになって間もないJ2札幌時代、同じポジションだった河合竜二(引退)から「代表経験のない俺たちは雑草。それでも全力で取り組めば長くこの世界で続けられる」と教えられた。たとえ出場機会に恵まれなくても練習では一切手を抜かず、サッカーへの真摯(しんし)な姿勢を貫いてきた。

 「目立たなくても効いている選手が目標。泥くさく地道にチームに貢献したい」。昨季終了後にはトライアウトに参加するなど崖っぷちを経験した男は、進退を懸ける強い覚悟で新シーズンに臨む。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。