ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
619日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

青き伝道者たち FC今治2019新戦力

<3>DF 平松遼太郎(22)=前環太平洋大 空中戦での強さに自信

2019年3月13日(水)(愛媛新聞)

DF平松遼太郎

DF平松遼太郎

 「初めてのことばかり。うまく取り入れて自分に還元したい」。大卒ルーキーならではの戸惑いや課題も日々スポンジのように吸収。「毎日充実している」と笑顔を見せる。

 中学3年から一貫してセンターバックを務める。173センチと決して身長が高いわけではないが、最後まで諦めずに体を張り、声を出してチームをもり立ててきた。空中戦では、高身長の選手にも当たり負けしない体の強さがある。

 今治に来てから、毎日の練習メニューと、成果や課題、アドバイスを自分なりにノートにまとめることを始めた。これまでよりレベルの高い環境で余裕や自信をつけるのが目的だ。「何でも器用にできるタイプではない。一つ一つをしっかりやっていけば、もっとうまくなれる」と地道に取り組んでいる。

 元JリーガーのDF太田康介が「お手本」。キックの質、集中を切らさないコーチング、空中戦の強さ。「これがJで戦っていた人。自分は康介さんを脅かせる選手にならないと」。今治で大きな花を咲かせるため「精いっぱい、熱く頑張ります」。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。