ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
324日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

後半チャンス生かせず

リズム不調 愛媛FC、今季初黒星 琉球に0―2

2019年3月11日(月)(愛媛新聞)

【琉球―愛媛FC】前半、ルーズボールを競る愛媛FC・前野(5)=タピック県総ひやごんスタジアム

【琉球―愛媛FC】前半、ルーズボールを競る愛媛FC・前野(5)=タピック県総ひやごんスタジアム

 明治安田J2リーグは10日、第3節の5試合を行った。愛媛FCは沖縄県タピック県総ひやごんスタジアムで琉球と対戦し、0―2で敗れ今季初黒星を喫した。

 愛媛FCは前半に先制されると、後半に追加点を奪われた。

 J3から今季初昇格した琉球は開幕3連勝を飾った。

 愛媛FCは次節、17日午後4時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで山口と対戦する。

 

 【評】愛媛FCは攻守にリズムをつくれず2失点で完封負けした。

 前半10分、右サイドでボールを奪われて先制点を許し、後半30分には、前がかりになったスペースを突かれて追加点を許した。

 後半は主導権を握る時間もあったが、近藤や神谷がチャンスを生かせず得点につなげられなかった。

 

◆はね返す力がない◆

 【愛媛FC・川井監督の話】やられるならこういうやられ方だと思っていた。それをはね返す力がまだなかった。後半の最初でゴールできれば、また違った展開だった。こういう負けはあるので次につなげたい。

 

◆持ち味出し合った◆

 【琉球・樋口監督の話】愛媛にボールを持たれたり、こちらが受けに回ったりする時間があった。互いが持ち味を出し合い、相手の良さも消し合った拮抗(きっこう)したゲーム。無失点で勝ちきったことで蓄積ができた。

 

◆ここまで来られた◆

 【愛媛FC・有田】(途中出場でJ2通算200試合。節目の試合を飾れず)「後半は風下だからこそ大胆にやってもよかった。もっと試合に絡んでいれば早く達成できたと思うが、ここまで来られたのも人に恵まれたから」

 

◆前に出したかった◆

 【愛媛FC・山瀬】(後半途中出場で攻撃にリズムをつくる)「試合を通して縦パスが少なかったので、前方にパスを出したかった。もう一つゴールに結びつくプレーができるようにならないといけない」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。