ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
526日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

非常食試食やパネル展示

松山で防災キャンペーン 事前の備えの大切さ学ぶ

2019年3月11日(月)(愛媛新聞)

防災グッズの展示などがあった「防災キャンペーン2019」

防災グッズの展示などがあった「防災キャンペーン2019」

 防災意識を高めようと「防災キャンペーン2019」(愛媛県松山市主催)が10日、松山市湊町5丁目のいよてつ高島屋であり、訪れた家族連れらが事前の備えの大切さを学んだ。

 

 災害時ボランティア活動のパネル展示や西日本豪雨の写真展のほか非常食を試食できるコーナーもあり、来場者はスタンプラリー形式で巡った。

 防災士資格を持つ学生らの「防災リーダークラブ」はワンポイント講座を開催。防災マップの見方や災害情報などを随時発信する市消防局のメールサービス「モバイル松山消防」を紹介した。

 DCMダイキ(同市)による防災グッズ展示ブースでは、折り畳み式のヘルメットや電気がなくても水に反応して発電する非常用電池などが注目を集めていた。

 防災リーダークラブ代表で愛媛大法文学部2年の関貴大さん(20)は「いざというときに後悔しないためにも防災の備えをしっかりしてほしい」と話した。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。