ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
324日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

重量挙げ全日本ジュニア

女子76キロ級 山崎(新居浜南高)が優勝

2019年3月10日(日)(愛媛新聞)

重量挙げ全日本ジュニア選手権女子76キロ級で優勝した山崎晴子(提供写真)

重量挙げ全日本ジュニア選手権女子76キロ級で優勝した山崎晴子(提供写真)

 重量挙げの全日本ジュニア選手権第2日は9日、埼玉県スポーツ総合センターで行われ、愛媛勢は女子76キロ級で山崎晴子(新居浜南高)がスナッチ85キロ、ジャーク108キロのトータル193キロで優勝を果たした。

 

【記録「納得できず」】

「順位は1位でも、(記録には)全く納得していない」。高校最後の大会で、女子76キロ級を制した山崎晴子。目標としてきた世界ジュニア選手権の選考基準記録197キロをクリアできず、声のトーンを落とした。

 昨年11月の全日本女子選抜後に、右膝を故障。満足に練習できない日々が続いた。大会には何とか間に合わせたが、4カ月のブランクは大きかった。

 「今までにない不安を感じていた」という本番。苦手意識のあるスナッチは1本目に82キロ、3本目に85キロを順調に成功させた。だが得意のジャークで苦戦。持ち味の脚力が生かせず、思うように記録を伸ばせなかった。

 競技に打ち込んできた3年間。「重量挙げが大好き。充実した高校生活だった」と笑う。夢は五輪出場。大学で実力を伸ばしたライバルたちに闘争心を燃やし、「負けないように大学でも頑張りたい」と前を向いた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。