ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
324日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

スナッチが日本高校新

重量挙げ全日本ジュニア55キロ級 山口(新居浜工高)総合V

2019年3月9日(土)(愛媛新聞)

重量挙げの全日本ジュニア選手権で男子55キロ級を制した山口優人(提供写真)

重量挙げの全日本ジュニア選手権で男子55キロ級を制した山口優人(提供写真)

 重量挙げの全日本ジュニア選手権第1日は8日、埼玉県スポーツ総合センターで行われ、愛媛勢は男子55キロ級の山口優人(新居浜工高)がスナッチ102キロ、ジャーク121キロのトータル223キロで優勝した。

 

【階級再編で日本高校新 「狙っていた」】

 重量挙げの階級が再編され、男子55キロ級に出場した山口優人。スナッチ102キロが日本高校新記録に認定された上での優勝に「狙っていたのでうれしかった」と声を弾ませた。

 コンディションは「ベスト」。スナッチ1回目で101キロに失敗したものの、2回目は成功させた。3回目も「気を抜かずに行けた」と記録を102キロに伸ばした。

 その後のジャークは「集中力が切れてしまった」というが、プレッシャーのかかる場面で「ここで押さえておきたかった」と奮起し、3回目で121キロを挙げきった。

 春から愛知県の大学に進み、世界ジュニア選手権出場も視野に入れる。山口は「大学でも戦えるようにしっかりと筋力アップしたい」とさらなる増強を誓った。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。