ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
426日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

早期発見や治療の重要性語る

世界緑内障週間に合わせ公開講座 松山

2019年3月8日(金)(愛媛新聞)

緑内障について説明する溝上医師(中央)ら

緑内障について説明する溝上医師(中央)ら

 日本人の中途失明原因の1位となっている緑内障に関する公開講座が3日、松山市湊町5丁目のいよてつ高島屋であった。3人の眼科医が早期発見や治療の重要性について講演し、市民ら約90人が耳を傾けた。

 世界緑内障週間(10~16日)に合わせて、愛媛大医学部眼科学教室と県眼科医会が主催。緑内障は視野が徐々に欠けていく病気で、症状を自覚しにくい。

 同大の溝上志朗医師は「40代以上の20人に1人がかかっているが、9割が自覚症状がない」と述べ、早期発見のため定期的な眼科検診の大切さを訴えた。

 県立中央病院の菊地正晃医師は、基本治療となる点眼の有効性について説明。薬物の効果を十分得るために「清潔な手で点眼し、点眼後は目を閉じて目頭を圧迫し安静に」と正しく点眼するよう呼びかけた。

 同大の浪口孝治医師は、点眼やレーザー治療が困難だった場合の手術療法を紹介。最新の手術療法にも触れ「これまで対応が困難だった症例も希望が持てるようになった」と述べた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。