ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
426日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山 衛生管理など情報交換

「こども食堂」県内の現状は セミナーに90人

2019年3月1日(金)(愛媛新聞)

新居浜市でのこども食堂の活動を紹介する広瀬さん

新居浜市でのこども食堂の活動を紹介する広瀬さん

 地域の子どもに食事や居場所を提供する「こども食堂」の課題を考えるセミナーがこのほど、松山市山越町の県男女共同参画センターであり、県内の運営者や支援者ら約90人が情報交換した。

 県内約30カ所で自主的に運営されているこども食堂関係者で交流を深めようと、NPO法人eワーク愛媛(新居浜市)などが開いた。

 衛生管理について、県中予保健所が手洗いや消毒の徹底のほか、カレーやおにぎりに潜む食中毒の危険性などのポイントを紹介した後、県内3カ所のこども食堂が活動や課題を発表した。

 2016年から「新居浜子ども食堂中村松木店」を続ける牧師の広瀬香織さんは、学習支援や高齢者との交流など「単におなかを満たすだけでない場」に発展し、企業や農家の食品ロス削減に貢献できていると説明。活動充実のため「今後は他のこども食堂と横のつながりをつくりたい」と述べた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。