ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
526日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会一般質問・明比昭治氏(自民)

スポーツマスターズ愛媛大会 16市町 競技実施めど 知事

2019年3月1日(金)(愛媛新聞)

明比昭治氏(自民)

明比昭治氏(自民)

 2月定例県議会は28日、一般質問に移り、明比昭治(自民)高橋英行(自民志士・無所属)兵頭竜(愛媛維新)石川稔(社民)4氏が、西日本豪雨や改元対応などを取り上げた。1~3日は休会。4日は黒川洋介(自民志士・無所属)木村誉(公明)福田剛(民主連合)川本健太(自民)4氏が登壇する。

 

 ―日本スポーツマスターズ2020愛媛大会の準備状況は。

 中村時広知事 愛媛国体・全国障害者スポーツ大会のレガシー(遺産)をフルに活用し、県全体が再びスポーツの力で盛り上がるよう、多くの市町での開催を目指して調整を重ねた。結果、現段階で16市町で競技を実施するめどが立った。今後は5月を目途に県内各界代表者で構成する実行委員会を設立し、協力体制の構築を進める。

 

 ―児童虐待防止にどう取り組む。

 山口真司保健福祉部長 千葉県野田市の事件を受け、児童相談所で在宅指導しているケースや2月以降登校していない児童生徒らについて、児童相談所などが3月8日までを安全確認期間とする緊急点検を行っている。関係機関と一体となり防止に努める。

 

 ―県立学校のICT(情報通信技術)環境整備は。

 三好伊佐夫教育長 無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」は2019年度中に全ての県立学校の普通教室と特別教室のうち1507室に整備する。電子黒板もWi―Fiを整備する教室を対象に、19年度から5年間で1400台程度を段階的に整備する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。