ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1016日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

スティックさばきなど

松前で合宿中 ホッケー男子日本代表 妙技 中学生らに伝授

2019年2月25日(月)(愛媛新聞)

ホッケー日本代表選手(右)から技術を教わる中学生=24日、松前町ホッケー公園

ホッケー日本代表選手(右)から技術を教わる中学生=24日、松前町ホッケー公園

 松前町で強化合宿中のホッケー男子日本代表による教室が24日、同町鶴吉の町ホッケー公園であり、松前ホッケークラブの中学生ら20人が憧れのサムライジャパンからスティックさばきを教わった。

 日本代表チームは昨年のジャカルタ・アジア大会で初優勝。今月18日から3月1日まで松前町で東京五輪に向けた強化合宿を行っている。

 教室では選手が各ポジションに分かれ、自分たちで考えたという練習メニューを手ほどきした。DFは、相手へのプレッシャーのかけ方やスティックを寝かせて球をブロックする方法を伝授。中学生は選手と1対1になり果敢にボールを奪うなど、楽しそうに練習に取り組んでいた。

 日本代表の山下学主将は「何を教えればうまくなるかを監督を交えて考えた。徐々に成功する回数が増えて、教える側もうれしかった」と笑顔を見せた。

 北伊予中2年の生徒(13)は「選手はとても優しかった。自分はFWだが他のポジションの技術も知れたので練習に生かしたい」と話した。

 24日は同公園で公開練習も行われた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。