ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
717日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

共に進む 愛媛FC 新戦力の横顔

DF 下川陽太(23)=前松本 左サイド駆ける「怪物」

2019年2月23日(土)(愛媛新聞)

下川陽太

下川陽太

 「怪物」。猛烈な勢いで休むことなく左サイドを往復し続ける男は、いつの間にか練習場でそう呼ばれるようになった。今季J1の松本から期限付き移籍で加わった23歳は、合流直後から強烈なインパクトを残している。

 1月の練習試合ではサイドバックに入り、センターバックの前野、ウイングの神谷と並んだ左サイドに、無尽蔵のスタミナでダイナミズムを注入。破壊力を見せつけた。「自分の良さは前を追い越す推進力。求められることをこなしながら特長を出したい」。昨季J2最少失点の松本仕込みの守備力も確か。攻守で光る人材だ。

 昨季は松本で11試合に出場。チームと共に戦いの場をJ1へ移す道もあったが、「昨年は思った通りにいかず、悔しかったからこその決断。J2の中でも選択肢はあったが、熱意と誠意を感じて一番行きたいと思った」と愛媛入りを決めた。

 成長を誓っての「個人残留」だからこそ、「去年は天皇杯での1アシストしかできなかった。結果を求めたい」と具体的成果を意識する。「愛媛FCは下の順位にいるチームじゃない。やるからには自動昇格を目指す。自分のプレーを目に焼き付けてほしい」。怪物の大暴れ宣言だ。

=おわり

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。