ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with FC今治

転身 金井龍生

2019年2月22日(金)(愛媛新聞)

今季のシーズンパス販売会で接客する金井龍生=15日、今治市民会館

今季のシーズンパス販売会で接客する金井龍生=15日、今治市民会館

 昨年12月、12年間のキャリアに幕を下ろした金井龍生(34)。この2月からチームスタッフとなってクラブ運営に携わっているが、「チームをJの舞台に立たせる」という熱い思いは変わらない。

 2016年に加入し、持ち前のリーダーシップですぐに主将を任された。チームを日本フットボールリーグ(JFL)昇格へと導き、迎えた17年3月。ホーム開幕戦の晴れ舞台で左足靱帯(じんたい)断裂の大けがを負った。

 以来リハビリに励んできたが「少し良くなって練習すると腫れ上がったり、水がたまったりの繰り返し」。ピッチに復帰できず、悩んだ末にユニホームを脱ぐと決心した。

 「選手じゃなくても恩返しできる」と選んだスタッフの道。スポンサーを獲得する営業部門に配属され、「みんな掛け持ちでこなしている。選手は選手で体がきつかったけど、観客1人、スポンサー1社を得ることの大変さを痛感している」と多忙な日々を過ごす。

 元主将だけに各選手からの信頼は厚く、「選手とスタッフが一丸とならなければJ昇格は難しい。現場を知っているスタッフとして懸け橋になりたい」と果たすべき役割を思い描いている。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。