ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
424日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

食材購入など支援も

子ども食堂開設に補助金 宇和島市が予算案計上

2019年2月22日(金)(愛媛新聞)

 宇和島市は21日、子どもらに無料または低額で食事を提供する子ども食堂の新規開設や運営の支援に取り組むと発表した。子どもの居場所づくりや成長を見守る態勢の整備が目的。2019年度一般会計当初予算案に170万円を計上した。

 

 食堂の新規開設時に上限20万円(補助率2分の1)を補助。食材購入費など運営にかかる費用には、1年に1回上限10万円(同)を3年間支給する。市によると、これまでのところ同様の取り組みは県内で初めて。

 ほかに、子ども食堂の役割や運営ノウハウなどの情報発信を目的に、普及啓発講演会を年2回開催する。

 市福祉課によると、市内では現在、2団体が泰平寺と番城公民館で子ども食堂を定期的に実施している。担当者は「地域で若い世代を見守る環境が整うように、必要に応じた支援を図りたい」と話している。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。