ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
825日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

1団体・8個人が受賞

柔道・立川選手、大賞に 大亀財団スポーツ賞

2019年2月22日(金)(愛媛新聞)

表彰状を受け取る河添千秋選手(右)=21日、松山市美沢1丁目

表彰状を受け取る河添千秋選手(右)=21日、松山市美沢1丁目

 世界レベルで活躍する選手や県内スポーツの振興に貢献した指導者らに贈られる大亀財団スポーツ賞の表彰式が21日、愛媛県松山市美沢1丁目のDCMダイキ本社であり、1団体、8個人が受賞した。

 国際大会で優れた成績を残した選手らを表彰するスポーツ大賞には、柔道の講道館杯3連覇を達成し、世界選手権男女混合団体優勝に貢献した立川新選手(東海大、新田高出)が選ばれた。

 各種大会で活躍した選手や育成功労者を顕彰する「菜の花賞」には、女子三段跳びで23年ぶりに日本高校新記録を樹立し、インターハイでも優勝した河添千秋選手(松山北高)、県柔道協会理事長として愛媛国体での県勢活躍に尽力した山口奈美さんら6人が受賞。スポーツファーマシストとして反ドーピング活動に取り組んだ薬剤師の堀尾郁夫さんに特別賞が贈られた。

 式には競技団体関係者ら約80人が出席。全日本代表合宿のため欠席した立川選手の父・昭宏さんが「いつも愛媛の方から応援をいただき、大変ありがたい。日々の練習に精進して試合でいい結果を出し、愛媛に少しでも明るいニュースを届けたい」と感謝の言葉を代読した。

 

 ほかの受賞者は次の皆さん。

 【菜の花賞】菊池仁志(自転車競技指導)浜田豊彦(剣道指導)矢野壱紀(同)渡辺豊(弓道指導)【ふるさとスポーツ賞】伊予市ビーチバレー普及委員会

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。