ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1019日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛県庁で抱負

ホッケー日本代表、松前合宿で五輪へ英気

2019年2月22日(金)(愛媛新聞)

中村時広知事(右)と談笑するシギ・アイクマン監督(右から2人目)ら=21日、県庁

中村時広知事(右)と談笑するシギ・アイクマン監督(右から2人目)ら=21日、県庁

 愛媛県松前町で強化合宿中のホッケー男子日本代表のシギ・アイクマン監督(59)らが21日、県庁を訪れ、競技場の印象や2020年の東京五輪に向けた抱負を語った。

 県庁にはアイクマン監督のほか牧本智之コーチ兼通訳(58)、山下学主将(30)が訪問。アイクマン監督が「温かい歓迎とすばらしいピッチで練習できることはうれしい」と愛媛の印象を語り、「東京五輪は大きなチャンス。大和魂と諦めない精神を持って戦う」と決意を述べた。

 山下主将は「合宿中にホッケー教室も行う。多くの子どもにホッケーの楽しさを知ってもらう普及活動にも力を入れたい」と話した。

 アイクマン監督らは選手のサインが入ったスティックなどを中村時広知事に手渡し、中村知事は県産かんきつのせとか1箱をプレゼントした。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。