ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
618日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

がん予防や早期発見推進へ

松山市議研究会 がん対策条例案3月議会上程も

2019年2月21日(木)(愛媛新聞)

 松山市がん対策推進条例案を提案する市議会議員有志による政策研究会(若江進会長、14人)が20日、市役所であり、意見公募(パブリックコメント)やほかの議員から寄せられた意見などについて議論し、素案をまとめた。早ければ現在開会中の3月定例議会に上程する見通し。

 条例案はがん予防や早期発見推進などが目的。市と市議会が必要な施策を推進する責務などを明記し、市にはがん予防の推進と検診の質向上、受診率向上▽医療情報の収集と提供▽患者に対する支援―などの施策を求める。市議会事務局によると、制定されれば県内市町で初。研究会が専門部会を設け、2016年11月から検討を重ねてきた。

 20日の会合では、パブリックコメントなどで提案された文言などについて議論した。研究会外の議員から「財政的担保も必要であり、施策の実効性と費用の見通しは」など厳しい意見も寄せられた。

 若江委員長は「条例は実行に移すための理念。対策に終わりはなく、一歩ずつ進めていきたい」と述べ、3月定例議会中に上程できる可能性が高いとした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。