ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
325日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県や県教育委員会、県警が参加

新型インフルの発生時の対応確認 県庁で訓練

2019年2月19日(火)(愛媛新聞)

外国での新型インフルエンザ流行を想定した県の訓練=18日午前、県庁

外国での新型インフルエンザ流行を想定した県の訓練=18日午前、県庁

 新型インフルエンザの発生に備える訓練が18日、県庁であり、県民への情報提供や医療体制の確立などの対応を確認した。

 訓練は、鳥インフルエンザの変異で人から人に感染する新型のウイルスが外国で流行し、日本政府が対策本部を設置して「国内侵入を遅らせ、発生に備えて体制を整備する」といった基本的対処方針をまとめたと想定した。

 県や県教育委員会、県警の約20人が参加した県の対策本部会議では、発生国からの帰国者らに症状が出た場合に備え、県と県保健所に「帰国者・接触者相談センター」、公立病院などに「帰国者・接触者外来」をそれぞれ設置するほか、県内の発生状況の監視強化、県民や在外県人らへの情報提供などを盛り込んだ対処方針を決定した。

 訓練は県が2015年度から毎年行っている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。