ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
425日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

豪雨被災地の西予慰問も

玉鷲関、片男波親方が愛媛入り、優勝報告

2019年2月18日(月)(愛媛新聞)

児童と笑顔で相撲を取る玉鷲関(右)=18日午後、松山市馬木町

児童と笑顔で相撲を取る玉鷲関(右)=18日午後、松山市馬木町

中村時広知事を抱え上げた玉鷲関(左)と片男波親方=18日午後、県庁

中村時広知事を抱え上げた玉鷲関(左)と片男波親方=18日午後、県庁

応急仮設住宅でサインに応じる玉鷲関。間近にして涙ぐむ人も=18日午後、西予市野村町野村

応急仮設住宅でサインに応じる玉鷲関。間近にして涙ぐむ人も=18日午後、西予市野村町野村

 大相撲初場所で初優勝した関脇玉鷲関が18日、師匠の片男波親方(元関脇玉春日、愛媛県西予市出身)とともに来県し、各地で優勝報告を行い県民と交流を深めた。

 片男波親方の出身地で、大相撲の力士を招待する「乙亥大相撲」で玉鷲関も何度も訪れている西予市野村地域では、西日本豪雨の応急仮設住宅や乙亥会館で被災者を元気づけた。

 仮設住宅では、住民や近くの仮設野村保育所の園児らが「おめでとう」と出迎えた。玉鷲関は色紙や服にもサインし笑顔で記念撮影。乙亥大相撲の会場で被災した乙亥会館で優勝報告会を開催し、親方と一緒に優勝時の緊張や喜びの気持ちを披露した。男性(84)は「多くの人に助けてもらい力になる。これを契機に野村からまた強い力士が出てきてくれたら」と期待。女性(72)は「片男波親方にとって一番の弟弟子で、ずっと応援してきた。一回り大きくなって貫禄が出た」と成長に目を細めた。

 乙亥大相撲を主催する市観光協会野村支部の祝勝会には、相撲に取り組む子どもも含め約180人が出席。玉鷲関は「豪雨のことを知った時は心が痛み心配だった。皆さんつらい思いをしたのに明るく迎えてもらい、ホッとするとともにすごいと思う。元気と勇気をいただき、この期待に応えられるよう頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。

 片男波親方が2005、06年に訪問したことをきっかけに交流を続けている松山聾学校(松山市馬木町)では、在校生ら約70人と触れ合った。児童らとの相撲対決では、玉鷲関が数人がかりで土俵際に押し込もうとする児童をどっしりと受け止めるなど、熱戦を繰り広げて大盛り上がり。来校記念として菊間瓦を使った手形も作成した。

 玉鷲関と対戦した小学部5年の男子児童(11)は「押しても押しても動かなかった。来場所でまた優勝してください」とエールを送っていた。

 松山市一番町3丁目のホテルであった「囲む会」には、県内の相撲関係者やファンら約80人が出席。参加者は記念撮影やサインを求めて列をなし、2人は満面の笑みで応じていた。玉鷲関に抱き上げられた松前町筒井の男の子(3)は「だっこしてもらってうれしかった」と笑みを浮かべた。

 片男波親方と玉鷲関は「奉納いしづち泣き相撲」で縁のある西条市の石鎚神社を訪れたほか、県庁で中村時広知事と懇談した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。