ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

歩いてポイント「達成券」に 市施設で使用可能

健康づくり スマホで 伊予市、3月からサービス

2019年2月18日(月)(愛媛新聞)

伊予市が3月1日から始める健康づくりアプリの画面

伊予市が3月1日から始める健康づくりアプリの画面

 スマートフォンアプリを使って市民の健康づくりを後押ししようと、伊予市は3月1日から、歩数などに応じてポイントがたまる「ますますい~よ健康ポイント」を始める。累積すると500円分の「達成券」がもらえる仕組み。1300人の参加を目指す。

 市内在住の18歳以上が対象。スマホの歩数計測機能を使い、アプリで毎日結果を送信すると2千歩以上で1ポイント、4千歩以上で2ポイント、8千歩以上で3ポイントがつく。600ポイントと交換できる達成券は、ウェルピア伊予や花の森ホテルなど市の施設で使用できる。

 がん検診や特定健康診査(メタボ健診)によるボーナスポイントもあり、受診率アップを狙う。特定健診は市内の国民健康保険加入者の2017年度受診率が27・4%と伸び悩み、2年連続受診すれば30ポイントに設定した。

 市健康増進課は「ポイントを励みに、若いうちから日々の健康づくりを意識してほしい」と呼び掛ける。集団検診などの通知も送信する予定だ。

 ドコモ・ヘルスケアのアプリ「健康マイレージ」を活用。歩数ランキングやアプリ内アイテムもある。開始に必要な団体コードは「広報いよし」や啓発チラシに掲載している。

 スマホを持たない人向けのポイントカードも4月1日に始める。カードは市保健センターで交付。ポイント付与の設定はスマホ版と異なる。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。