ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
721日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

えひめ愛・野球博

岩村明憲監督の野球教室「子どもたちのために」

2019年2月18日(月)(愛媛新聞)

岩村監督(左)からバッティングを教わる参加者

岩村監督(左)からバッティングを教わる参加者

 元メジャーリーガーで独立リーグ・ルートインBCリーグ福島の岩村明憲監督(宇和島市出身)や愛媛マンダリンパイレーツの選手10人を招いた野球教室が17日、大洲市北只の国立大洲青少年交流の家グラウンドであった。市内の小中学生約130人がプロの技術を学んだ。

 「えひめ愛・野球博」の一環で、共同通信デジタルと市スポーツ協会が開催。昨年、西日本豪雨で市内に大きな被害が出たことから、子どもたちに元気に活動してもらいたいという思いも込めた。

 岩村監督らがキャッチボールやノックをして投球や守備の基本を教えた。バッティング練習ではタイミングの取り方を説明し、ボールをしっかり見るよう伝えた。

 同市喜多小学校6年でソフトボールチーム「肱北スポーツ少年団」の男子児童(12)は「少し教えてもらっただけで遠くに打球を飛ばせるようになった。岩村さんのようにメジャーリーグに行ける選手になりたい」と目を輝かせた。

 岩村監督は「楽しく真剣な目で白球を追う子どもたちの姿が良かった。野球を通じて同じ時間を共有することで、子どもたちのためになればいいなと思う」と話した。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。