ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
722日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

利用客減少で幕

JR四国の特急車内販売 3月15日終了

2019年2月15日(金)(愛媛新聞)

 JR四国(高松市)は14日、特急列車の一部区間で実施している弁当や飲み物などの車内販売を春のダイヤ改正(3月16日)に合わせ、3月15日で終了すると発表した。「列車旅の魅力の一つとして続けてきた」(同社)が、利用客の減少で姿を消すことになった。

 

 旧国鉄時代以来のサービスだが、同社によると、駅構内のコンビニエンスストアや店舗が充実したことが影響した。現在は対象区間を香川県内に限定し、松山と岡山を結ぶ特急「しおかぜ」の丸亀―観音寺間、高知と岡山を結ぶ特急「南風」の丸亀―琴平間の計22本で実施している。

 JR各社は、新幹線や在来線での車内販売をすでに廃止したり、廃止を決めたりしている。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。