ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
723日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山で交流会

人材定着 職場環境から 介護の事例情報共有

2019年2月15日(金)(愛媛新聞)

魅力ある職場づくりへの取り組みを発表する大島福祉会阿育苑の村上貴夫施設長=14日午後、松山市久米窪田町

魅力ある職場づくりへの取り組みを発表する大島福祉会阿育苑の村上貴夫施設長=14日午後、松山市久米窪田町

 介護事業所での人材確保や定着に向け魅力ある職場づくりに取り組んだ事例などの情報を共有する「経験交流会」が14日、松山市久米窪田町のテクノプラザ愛媛であり、県内の職員ら約200人が働きやすい環境などについて考えた。

 

 愛媛労働局の委託で公益財団法人介護労働安定センター愛媛支部が実施する「介護分野における人材確保のための雇用管理改善推進事業」の一環。事業では2018年度は県内22事業所が選ばれ、うち2事業所が情報通信技術(ICT)を活用した生産性向上などの成果を報告した。

 大島福祉会阿育苑(今治市)の村上貴夫施設長は職員の誕生祝いなどで一体感を醸成し、働きがいのある職場づくりの推進チームを編成して1年未満の退職者数を減少させた取り組みを説明。職場内の「腰痛0(ゼロ)宣言」や人事評価制度の導入など働きやすい環境整備も解説した。

 

 フリーアナウンサー町亞聖さんが基調講演し、母親を介護した体験を紹介。住み慣れた地域や自宅で最期を迎えたいとの願いをかなえるための介護の在り方について問題提起した。

 えひめ産業振興財団と県による介護・ヘルスケア製品の展示会も今回初めて同時開催し、10社が口腔(こうくう)用ウエットティッシュや洗髪ケア用手袋、リハビリ用シューズなどを展示した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。