ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

「フ(2)グ(9)」

海の恵みに感謝「ふぐ供養祭」 新居浜料飲組合

2019年2月10日(日)(愛媛新聞)

海の恵みに感謝しながらトラフグを放つ「ふぐ供養祭」の出席者

海の恵みに感謝しながらトラフグを放つ「ふぐ供養祭」の出席者

 2月9日の「フ(2)グ(9)」の語呂合わせにちなみ、新居浜料飲組合(藤田修生組合長)は9日、愛媛県新居浜市清水町の新居浜漁協で「ふぐ供養祭」を開いた。漁協や飲食店の関係者ら約80人が出席し、海の恵みに感謝した。

 新居浜市では、フグの皮や身を細く切り、ポン酢やもみじおろしとあえた郷土料理「ふぐざく」が市民に親しまれるなど、ふぐ食文化が根付く。供養祭は毎年実施しており26回目。9日は、フグを弔う神事の後、体長約30センチ、体重約1キロの養殖トラフグ10匹を漁協近くの岸壁から海に投げ込んだ。

 ふぐざくは約80年前、市内の日本料理店で手早く提供できるふぐ料理として考案されたとされる。組合によると、新居浜市民の年間のフグ消費量は約8トンという。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。