ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県産スギ折り紙贈呈

献血で豪雨被災地支援 12日、全国一斉キャンペーン開催

2019年2月7日(木)(愛媛新聞)

西日本豪雨の被災地を支援する献血キャンペーンで協力者に贈られる「折り樹」(日本赤十字社提供)

西日本豪雨の被災地を支援する献血キャンペーンで協力者に贈られる「折り樹」(日本赤十字社提供)

 日本赤十字社(東京)と日清医療食品(同)は、献血を通じて西日本豪雨の被災地を支援する全国一斉のキャンペーンを12日、松山市大街道1丁目の大街道献血ルームを含めた47都道府県の献血ルームや献血バスで行う。12日に献血をした人に、愛媛県産天然スギの間伐材を使った折り紙「折り樹(おりじゅ)」を贈るほか、日清医療食品が1枚当たり25円を日赤の災害救護事業に寄付する。

 日赤と日清医療食品は、東日本大震災や熊本地震などの被災地を支援する献血キャンペーンを2014年から実施しており、今回で10回目。

 日清医療食品は県産スギを活用する理由について「間伐が行われていない森林では降雨の影響で土砂災害などが発生しやすい。現在も支援を必要とする人が多く、豪雨を忘れないとの思いで使用する」と説明している。

 折り樹は全国で計1万5千枚を配布予定で、配り終えた時点でキャンペーンを終了する。日赤は「いつも献血にご協力をいただく人も、キャンペーンで初めてご協力いただく人も、末永い支援をいただけると大変ありがたい」とした。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。