ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

冬季国体

Sトラック男子500 越智(桑原中)5位入賞

2019年2月4日(月)(愛媛新聞)

越智大翔

越智大翔

伊藤隼人

伊藤隼人

越智大翔

越智大翔

伊藤隼人

伊藤隼人

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は3日、北海道釧路市の春採アイスアリーナなどで行われ、愛媛勢はショートトラック少年男子500メートルで越智大翔(桑原中)が5位入賞した。

 ショートトラック500メートルで少年男子は宮田将吾(大阪・大商大高)、同女子は長森遥南(兵庫・親和女高)が優勝し、ともに1000メートルとの2冠を達成した。

 スピードの成年男子は1000メートルを小島良太(長野・信州大)が制し、平昌五輪代表の小田卓朗(茨城・開発計画研究所)は2位。5000メートルは同五輪代表の中村奨太(北海道・ロジネットジャパン)が勝った。

 アイスホッケーの少年は北海道が9―3で栃木を下し16連覇。成年も北海道が東京を4―2で退け3連覇を果たした。

 2日に行われたショートトラック少年男子1000メートルで、松山市出身の伊藤隼人(山梨学院高、旭中出)が5位に入った。

 来年の第75回大会は青森県で開催される。

 

◆応援力になった◆

 【越智大翔(ショートトラック500メートル5位)】「準決勝は前の選手が圧倒的に速く、決勝に進めなかった悔しさが残る。3月の大会に向けレベルアップが必要と感じた。初めての国体は愛媛の人たちの応援が力になった」

 

◆次につなげたい◆

 【伊藤隼人(2日のショートトラック1000メートルで5位)】「入賞を狙っていたのでうれしい。愛媛代表で出場した昨年は歯が立たなかったが、体力をつけフォームも修正して通用するようになった。次の試合につなげたい」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。