ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
716日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

八幡浜市・西宇和郡区

反原発の遠藤氏 県議選、共産擁立

2019年2月1日(金)(愛媛新聞)

 共産党県委員会は31日、任期満了に伴う4月の県議選で、八幡浜市・西宇和郡区(定数2)に党南予地区委員で新人の遠藤素子氏(78)=伊方町九町=を擁立すると発表した。

 八幡浜市役所で会見した遠藤氏は「四国電力伊方原発の立地・隣接地域で反対の声を上げる候補予定者がいない。原発廃炉を訴える」と出馬理由を述べた。

 遠藤氏は西予市出身で愛媛大卒。高校教諭を経て1999年から八幡浜市議を約18年務め、2017年1月に辞職。同年4月の伊方町議選に出馬し落選した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。