ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
720日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛大生講師

安全なスマホ利用を 愛大附中で情報モラル教室

2019年1月31日(木)(愛媛新聞)

愛媛大の学生らが講師となり、スマホ利用時の注意点などを考えた情報モラル教室

愛媛大の学生らが講師となり、スマホ利用時の注意点などを考えた情報モラル教室

 インターネットによる子どもの犯罪被害防止を目的とした情報モラル教室が30日、松山市持田町1丁目の愛媛大教育学部附属中学校であり、2年生約80人がスマートフォン利用時の注意点などを学んだ。

 愛媛大学教育学部と県警の共同プロジェクトの一環。2018年7月に「情報モラル推進員」として県警から委嘱された愛媛大生ら7人が講師を務めた。

 講義では会員制交流サイト(SNS)の利用で個人情報が特定されてしまう可能性や「スマホ依存症」の危険性などの例を挙げ、決まりごとの範囲で利用する大切さを説明。生徒は、クラスメートと相談して各自が目標を設定した。

 参加した生徒(14)は「トラブルに巻き込まれたら保護者と相談して適切な対処をしたい」と話した。講師の大学院2年西大輝さん(24)は「SNSの正しい使い方を学んでもらい、子どもたちに正しい生活習慣を身につけてほしい」と語った。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。