ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
216日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

レベル向上 中高生期待

愛媛20位台に照準 あす20日、広島・都道府県対抗男子駅伝

2019年1月19日(土)(愛媛新聞)

 

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝が20日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間、48キロのコースで行われる。昨年、過去最高の19位となった愛媛選抜チーム。今年は20位台でのゴールを目標に据える。

 

 昨年12月の全国高校駅伝で区間18位と快走した千守(松山商高)が昨年に続いて1区(7キロ)を担う。冷静な判断力と安定感を武器にいい流れをつくりたい。中学生区間の2区(3キロ)と6区(同)は、「互角の力」(白方監督)と評する2人。ガッツのある鈴木(泉川中)が2区、ダイナミックな走りが持ち味の津本(西条北中)が6区を走る予定だ。

 スピード勝負の3区(8・5キロ)は、全日本実業団対抗選手権の1500メートルで8位入賞した西岡(中電工、松山工高出)。淡々と自分のペースを刻める篠原(新居浜東高)が4区(5キロ)、2年生ながら、全国高校駅伝県予選で1区の区間賞に輝いた羽藤(今治北高)が5区(8・5キロ)を担当する。

 最長7区(13キロ)でアンカーを務めるのは、成長株の鴨川(上武大、今治北高出)。今年の箱根駅伝で3区を担当するなどスタミナもついてきた。

 近年レベルが上がっている中高生に期待がかかる。白方監督は「1、2区でどのくらいの位置につけ、3区につなげるかが鍵。できるだけ順位を上げて、昨年に近づきたい」と話している。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。