ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
525日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西予・野村復興座談会

県道宇和野村線通行止め、解除見通せず

2019年1月17日(木)(愛媛新聞)

 西日本豪雨を受けた西予市の復興座談会が16日夜、同市野村町野村の野村公民館であった。野村地域周辺部の住民が対象で、市側は栗木地区での県道宇和野村線通行止めについて「県が地滑り対策の設計を進めているが、継続的調査が必要な状況で解除の見通しが立たない」と説明した。

 

 同県道は野村地域中心部と坂石・予子林の両地区、大洲市肱川地域を結んでおり、現在は西予市城川地域を迂回(うかい)して行き来している。市によると約100メートル四方の斜面で地滑りが起きており、被害が拡大する恐れが残っている。

 座談会では、土砂災害で2世帯に避難指示が続く河西地区の住民が、法定外構造物の水路などに流入した土砂や車両が手つかずで残っているとして、撤去の支援を求めた。鹿野川ダム(大洲市)上流の予子林地区からは、野村ダムも含めて貯水量や放流量に対応した浸水ハザードマップを、中心部の野村地区以外でも作成するよう要望があった。

 市は肱川(宇和川)氾濫で公共施設に被害が出た大和田地区で2020年4月をめどに、公民館を近くの旧大和田幼稚園に完全移転し、地区体育館も原形復旧すると報告した。

 座談会は16日が最終で、計8カ所で開催された。市は出された意見を反映して復興まちづくり計画の素案をまとめ、あらためて市民の意見を聞いて3月末までに計画を完成させる。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。