ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
123日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J1へ「全進」の年

愛媛FC初練習「ゴールに襲いかかるサッカーを」

2019年1月9日(水)(愛媛新聞)

今季の初練習でランニングする愛媛FCの選手ら=8日午前、松山市菅沢町

今季の初練習でランニングする愛媛FCの選手ら=8日午前、松山市菅沢町

 J2で14年目のシーズンに臨む愛媛FCは8日、愛媛県松山市菅沢町のレインボーハイランドで今季初練習を行った。25人の選手がフィジカルトレーニングなどに汗を流した。

 「全進」のスローガンを掲げた今季は、村上忠社長や事務局、下部組織のスタッフも加わってのミーティングからスタート。練習は軽いランニングから始まり、インターバル走など体力づくりを中心に約2時間実施した。

 J1湘南からの期限付き移籍期間を延長し、愛媛2年目となったFW神谷優太は「準備はしてきた。早く開幕してほしい。苦しい場面、苦しい試合で得点して、チームを引っ張っていきたい」。昨季途中に加入し、今季J2岡山から完全移籍したFW藤本佳希は「1年間フル稼働して、サッカー選手として成長したい」と抱負を語った。

 昨年7月の西日本豪雨の影響で、レインボーハイランドでの練習は約半年ぶりとなった。川井健太監督は「練習場に来るまでの道からも土砂崩れの跡が見える。その景色を忘れてはいけないと選手に伝えた。今季は、昨季やってきたことをよりスピーディーにし、強烈にゴールに襲いかかるサッカーをしたい」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。