ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
419日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

決意新た

小中学校で3学期始業式

2019年1月8日(火)(愛媛新聞)

始業式後に教科書を音読し、早速学習に取り組む肱川小学校の児童=8日午前、大洲市肱川町山鳥坂

始業式後に教科書を音読し、早速学習に取り組む肱川小学校の児童=8日午前、大洲市肱川町山鳥坂

 愛媛県内ほとんどの公立小中学校で8日、始業式があった。新年を迎えて決意を新たにした児童生徒が、平成最後となる3学期のスタートを切った。

 西日本豪雨で校舎の床上浸水などの被害に遭った大洲市肱川町山鳥坂の肱川小学校では、豪雨直後は避難所として使われた体育館で児童86人が校歌を元気よく歌った。

 6年の男子児童(11)が「残り少ない小学校生活を大切に過ごしていきたい」と決意を表明。久保貞校長(58)は豪雨後にたくさんの支援を受けたことを振り返り「感謝の気持ちを忘れないで」と呼び掛けた。

 児童らは、一時は災害廃棄物の仮置き場となっていた運動場でドッジボールを楽しみ、教室では教科書を音読するなど早速学習にも取り組んでいた。6年の女子児童(12)は「自主的に勉強を頑張っていきたい」と抱負を語った。

 県教育委員会によると8日は、冬季積雪の影響で15日に行う西予市大野ケ原小学校を除く公立小中学校計401校で始業式があった。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。