ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
627日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

タイやイカなど

掛け声威勢よく 八幡浜市営魚市場で初競り

2019年1月7日(月)(愛媛新聞)

競り人の威勢のよい掛け声で始まった八幡浜市営魚市場の初競り

競り人の威勢のよい掛け声で始まった八幡浜市営魚市場の初競り

 四国有数の水揚げ量を誇る八幡浜市営魚市場(八幡浜市沖新田)で6日早朝、2019年の初競りがあり、魚のまちに威勢のよい掛け声が響いた。

 初市式で大城一郎市長は「水産業を取り巻く環境は厳しいが、素晴らしい一年になるよう威勢よく初競りをスタートしてもらいたい」とあいさつ。市場関係者らが鏡開きと三本締めで、豊漁と航海の安全、商売繁盛を願った。

 沖合底引き網漁(中型トロール漁)の1統2隻も入港し、場内にはサワラやタイ、イカ、アジなど多彩な魚種が並んだ。仲買人が魚箱を取り囲む中、競りは午前6時前に開始。競り人が「ハイッ、なんぼ、なんぼ」と声を掛けると、仲買人は上着に隠した指で買値を示して応じ、目当ての魚を競り落とした。

 6日の初競りの取扱量は56・3トン(前年比7・7トン減)、取扱金額は4586万円(68万円減)だった。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。