ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2019年選挙展望

松前町長選、現職対抗馬は不透明 町議選、新人数人が出馬へ動く

2019年1月4日(金)(愛媛新聞)

 2019年は新居浜、松前、松野の3市町で首長や議員が任期満了を迎える。人口減少などで地方の衰退が言われる中、地域のリーダーや担い手に期待される役割は大きい。本社や支社局の取材を基に各地の選挙情勢を探った。

 

 12月10日に任期満了を迎える松前町長選に向け、表立った活動は見られない。1期目の岡本靖町長(65)は2018年12月の町議会定例会最終日、就任4年目を迎えることに触れ「総仕上げの年として、町民が納得できる施策に取り組みたい」と語った。去就については取材に「しかるべき時期が来たら話したい」と述べるにとどめた。

 対抗馬は今のところ不透明。町民の意見を施策に反映しようと開催してきた町政懇談会や町の魅力発信といった岡本町政の取り組みを評価する町民は多く、無投票になる公算が大きいとの声が聞かれる。

 前回、無投票に終わった町議選(定数14、9月5日任期満了)。引退を示唆する現職がいる一方、新人数人が立候補に向けて動いており、選挙戦になるとの見方が主流だ。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。