ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

第46回愛媛新聞スポーツ賞

国体 弓道少年女子近的・遠的優勝 愛媛選抜チーム

2019年1月1日(火)(愛媛新聞)

福井国体の弓道少年女子の近的と遠的で優勝した愛媛選抜チーム(提供写真)

福井国体の弓道少年女子の近的と遠的で優勝した愛媛選抜チーム(提供写真)

愛媛選抜の(左から)渡部、滝水、越智の3選手=2018年10月

愛媛選抜の(左から)渡部、滝水、越智の3選手=2018年10月

福井国体の弓道少年女子の近的と遠的で優勝した愛媛選抜チーム(提供写真)

福井国体の弓道少年女子の近的と遠的で優勝した愛媛選抜チーム(提供写真)

愛媛選抜の(左から)渡部、滝水、越智の3選手=2018年10月

愛媛選抜の(左から)渡部、滝水、越智の3選手=2018年10月

【土壇場 一本に集中】

 台風の影響で決勝を行わず、近的、遠的ともに愛媛を含む予選突破8チームが1位となった。滝水幸虹選手(西条高3年)は「チャンスをものにしてつかんだ優勝なので、価値は単独優勝と変わらない」と語り、前回の愛媛国体でも果たせなかった少年種別での両種目制覇に胸を張った。

 近的では土壇場でも動じない勝負強さを発揮した。同時優勝の残り1枠を懸けた東京との競射では「相手のことは考えず、自分の矢を決めること、その一本に集中していた」と渡部冬萌選手(聖カタリナ学園高3年)。確実に的中させて勝負をものにし「優勝したときは単純にうれしくて良かった」と振り返る。

 長年優勝が遠のいていた遠的では、19チーム中トップとなる78得点で文句なしの頂点に輝いた。その立役者となった越智夢叶選手(今治南高3年)は「練習でも当たっていたので、いつも通りできた」と平常心で臨み、「一番高い点をとれたことがうれしかった」と喜びをかみ締める。

 全国の舞台で実力を発揮した3人。滝水選手は「今回の国体を通して得た、練習の仕方や心構えを今後の競技人生に生かしたい」、越智選手は「また新しい目標を立てて頑張りたい」と語る。渡部選手は「進学後も愛媛県の選手として成年で国体に参加できれば」と意欲を見せた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。