ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
421日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2年連続で入賞逃す

大学女子選抜駅伝 松山大、過去最低の14位

2018年12月31日(月)(愛媛新聞)

松山大の1区・西山(左)からたすきを受け走りだす2区・田川=静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前

松山大の1区・西山(左)からたすきを受け走りだす2区・田川=静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前

 全日本大学女子選抜駅伝は30日、静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前から富士総合運動公園陸上競技場までの7区間、43.4キロで22チームが参加して行われ、10月の全日本大学女子駅伝を制した名城大が大会新記録の2時間22分50秒で初優勝した。大東大が1分29秒差の2位、6連覇を狙った立命大が3位。愛媛の松山大は2時間30分39秒で過去最低の14位に終わり、2年連続で入賞(8位以内)を逃した。

 

【レース経過】

 序盤出遅れた松山大は一時4位まで浮上したが粘りきれなかった。1区西山が10位。2区田川、3区大谷はともに3人抜きで順位を4位に上げた。4区岡田はトップとの差を13秒縮めたが順位の変動はなし。各校が追い上げを図る最長5区で河内が5位に後退。6区大内は接戦の中6位でつないだが、アンカー徳永が14位に沈んだ。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。