ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
423日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

選手やOB12人が参加

プロ野球愛媛県人会が懇親会

2018年12月30日(日)(愛媛新聞)

愛媛出身のプロ野球選手やOBら計12人が参加した懇親会=29日、松山市内

愛媛出身のプロ野球選手やOBら計12人が参加した懇親会=29日、松山市内

 愛媛ゆかりのプロ野球選手やOBでつくる「プロ野球愛媛県人会」の懇親会が29日、松山市内のホテルであり、会員12人が支援者や関係者ら約200人と親睦を深めた。

 独立リーグ、ルートインBCリーグ・福島ホープス監督で県人会の岩村明憲会長(宇和島東高出)や球団史上初のリーグ3連覇に貢献した広島のアドゥワ誠投手(松山聖陵高出)のほか、現役引退を表明した元ヤクルトの鵜久森淳志さん(済美高出)と元福島ホープスの赤松幸輔さん(宇和島市出身)も参加した。

 選手らはサインに応じたり、西日本豪雨災害の復興支援チャリティーオークションをしたりして参加者と交流。中継ぎとして53試合に登板し、6勝2敗の好成績を残したアドゥワ投手は「後半戦は対策され、納得できる成績ではない。来季は今季以上の成績を残したい」と意欲を語った。

 広島から楽天に移籍する福井優也投手(済美高出)は「キャンプからしっかりアピールし、ローテ入りして1年間投げられるように頑張りたい」と新天地での活躍を誓い、鵜久森さんは「大勢のサポートを受けた14年間だった。応援ありがとうございました」と地元ファンの支えに感謝を述べた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。