ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

レッツスポーツ えひめの総合型地域スポーツクラブ紹介

NPO法人おおずスポーツクラブ(大洲市)

2018年12月28日(金)(愛媛新聞ONLINE)

NPO法人おおずスポーツクラブのチアダンス教室のメンバー

NPO法人おおずスポーツクラブのチアダンス教室のメンバー

NPO法人おおずスポーツクラブのチアダンス教室のメンバー

NPO法人おおずスポーツクラブのチアダンス教室のメンバー

 「スポーツを楽しむことが活動の中心です」とNPO法人おおずスポーツクラブ(大洲市)のクラブマネージャー谷本稔さん(45)。理念は「スポーツがもつ真の力で幸せな町へ」。週2回のサッカー教室のほか、週1回のフットサル、ベースボール、キッズ・ジュニアスポーツクラブ、チアダンス、ダンスフィットネスの教室を開催。小学生を中心に、就学前児童から70歳代まで約130人の会員が加入している。

 

 2009年3月に大洲商工会議所青年部が主体となって結成したおおずスポーツクラブ。2012年4月からは、NPO法人として、活動の幅を広げてきた。

 

イベントに向けて練習に取り組むチアダンス教室の生徒たち

イベントに向けて練習に取り組むチアダンス教室の生徒たち

イベントに向けて練習に取り組むチアダンス教室の生徒たち

イベントに向けて練習に取り組むチアダンス教室の生徒たち

 2018年4月に開講した「チアダンス」は、松山市や宇和島市でチアリーディング講師を務める吉村さおりさん(宇和島市)が指導。柔軟体操から始まり、次の発表の舞台に向けて、音楽に合わせてチアダンスを練習。「お客さんを笑顔にさせてあげてね」。吉村さんの声掛けに、子どもたちがにっこりと笑顔を見せる。

 幼稚園児と小学生17人で構成する。愛媛FCやFC今治、愛媛マンダリンパイレーツの試合でチアダンスを披露したほか、地元・大洲市の秋祭りやイベントでも出演依頼が増えている。

 吉村さんは「最初は声が出せなかったこどもたちが、大きな声を出せるようになった。大きな舞台で人前に立って表現できるチアダンスの成功体験が自信につながっている」と成長に目を細める。

 

谷本稔マネージャー

谷本稔マネージャー

谷本稔マネージャー

谷本稔マネージャー

 園児~小学3年生のキッズスポーツクラブは、バランスボールやフラフープ、遊びも含めて、成長期に必要ないろいろな体の動きを体験する「コーディネーショントレーニング」が主体。小学4~6年のジュニアスポーツクラブは、ソフトテニスやバドミントン、バレーボール、バスケットボールの4種目を体験し、中学校の部活動に向けて得意な種目を見つけてもらう狙いがある。成長に応じたスポーツの体験教室だ。

 

 マネージャーの谷本さん自身も、サッカースクールのコーチを務める。松山でサラリーマンをしていたが、クラブ設立後の2010年に大洲市長浜町に帰郷。指導者の資格を取得し、社会人まで実践していたサッカーを担当する。

 校区の枠を超えた子ども同士のつながりも生まれてきた。「子どもたちがスポーツを通じていろいろな経験をしてもらい、生涯スポーツとして続けてもらえればうれしい。スポーツが持つ真の力で幸せな地域にしたい、健康な体づくりのサポートをしていきたい。そして、クラブで育った生徒たちが成長し、帰郷して指導者になりたい、関わりたいと思ってもらえる関係を目指したい」と話している。

名称NPO法人おおずスポーツクラブ

設立
2009年3月
活動拠点
大洲市
拠点施設
大洲市総合体育館、国立大洲青少年交流の家
活動種目
フットサル、ベースボール、キッズ・ジュニアスポーツクラブ、チアダンス、ダンスフィットネス
費用
年会費、月会費(HP参照)
事務局
愛媛県大洲市常磐町70 1F
TEL・FAX
0893-24-7228
E-mail
info@oozusc.com

クラブ概要

大洲商工会議所青年部が主体となって、サッカーを中心に幅広い活動を展開。基本理念は「スポーツがもつ真の力で幸せな町へ」

NPO法人おおずスポーツクラブ(大洲市)

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。