ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

吉田図書館 臨時開館に向け準備

2018年12月28日(金)(愛媛新聞)

臨時図書館の開館に向けて本を整理する市職員=27日午前、宇和島市吉田町東小路

臨時図書館の開館に向けて本を整理する市職員=27日午前、宇和島市吉田町東小路

 西日本豪雨で被災し休館中の愛媛県の宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館(同市吉田町立間尻)が1月4日から、吉田公民館(同市吉田町東小路)に一部の図書を移して臨時開館する。再開を待ち望む住民の思いに応えようと、職員が慌ただしく準備を進めている。

 同館は豪雨で1階部分が1.4メートルほど床上浸水。蔵書の3割以上に当たる約2万7600冊が水損したほか、パソコン機器などに被害が及んだ。

 施設の復旧作業を進める中、県内外の個人や団体から700冊程度の図書が寄贈されたことなどに伴い、公民館での臨時開館を決定。12月26日から視聴覚室で作業に取りかかっている。

 27日は図書館や公民館のスタッフが新書の登録作業などに従事。児童書や料理本などを種類別に分けたり、一冊ずつ棚に置いたりした。

 公民館には最大約2000冊を配架する予定で、図書館での再開は5月以降を目指している。市立中央図書館の渡辺晃館長は「ゆったりとした時間を過ごしていただきたい」と話した。

 本の貸し出しには利用者カードが必要。開館時間は午前8時半~午後5時で、月曜祝日休館。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。