ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
826日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

山岳

第9回全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会

2018年12月25日(火)(愛媛新聞ONLINE)

 

スポーツクライミングの甲子園『第9回全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会』が埼玉県加須市で開催され、全国より男子110名、女子101名が出場。愛媛県からも過去最多の6名が出場しました

団体では、愛媛県立東温高等学校(2年・高村佳吾、1年・大政涼)が2位の千葉県立幕張総合高等学校に大差をつけ優勝、昨年に続き2連覇を達成しました。

個人では、今年の福井国体山岳競技少年男子のリード種目の優勝ペアの新田高等学校3年の井上遼が2位、東温高等学校1年の大政涼が3位と実力を発揮し、見事表彰台に立ちました。

また、今年度スポーツクライミング部が創部された愛媛県立丹原高等学校からも男子2名が出場し、経験が少ない中、初の全国大会で健闘しました。

個人女子に出場した済美高校1年の今井歌乃子もクライミング経験が1年にも満たない中、成長をみせ、大健闘の50位タイで、来年以降の活躍に期待するところです。

 

大会成績は次のとおりです。

団体(出場28校)

東温高校 優勝

丹原高校 24位

 

個人男子(出場110名)

井上遼(新田高校3年) 2位

大政涼(東温高校1年) 3位

高村佳吾(東温高校2年) 15位

谷崎勇太(丹原高校1年) 84位

加地未来(丹原高校1年) 93位

 

個人女子(出場101名)

今井歌乃子(済美高校1年) 50位タイ

 

詳しいリザルトはこちらです。

https://www.jma-sangaku.or.jp/climbing/temp_results/hsc/2018/

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。