ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
826日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校駅伝

男子・松山商18位 都大路で県高校新、女子・八幡浜は39位

2018年12月24日(月)(愛媛新聞)

 全国高校駅伝は23日、京都市の西京極陸上競技場発着のコースで行われ、愛媛勢は、男子の松山商が県高校記録を更新し、2時間7分58秒で18位。女子の八幡浜は1時間13分3秒で39位だった。

 

【男子】ガッツポーズでゴールに飛び込む松山商のアンカー亀岡=西京極陸上競技場

【男子】ガッツポーズでゴールに飛び込む松山商のアンカー亀岡=西京極陸上競技場

【男子】ガッツポーズでゴールに飛び込む松山商のアンカー亀岡=西京極陸上競技場

【男子】ガッツポーズでゴールに飛び込む松山商のアンカー亀岡=西京極陸上競技場

【好発進から流れキープ 松山商】

 「ようやったなあ、おめでとう!」。18位でゴールに飛び込んだアンカー亀岡を、浜田監督は涙で声を詰まらせながらねぎらった。目標だった都大路での県勢最高タイムを28秒縮め、県高校記録も塗り替えた松山商。3年目の都大路をうれし涙で締めくくった。

 3年連続で1区を担った千守がエースの意地を見せた。これまでの2回はスタートで遅れ、悔しい思いをしてきた千守。浜田監督からは「自分のプラン通り走れば、うまくいくから」と太鼓判を押されていた。序盤は先頭集団で走ったが、あえて第2集団でペースを調整した。落ち着いた走りで18位に。「これまでもしっかり走ってくれて信頼している」という2区久保昇にたすきを託す。

 その後もいい流れを途切れさせなかった。久保昇は勢いに乗り、15位まで順位を押し上げた。3区は主将・木山。少し順位を落としたが10番台をキープし、起伏が激しい難所を乗り切った。

 大舞台でのアンカーという大役にも動じず、1年亀岡は「応援を力に変えて楽しく走った」と振り返った。区間15位という野村の力走にも背中を押され、「前の選手に一歩でも近づこう」とスタートした。得意の下り坂で前の選手との距離を詰め、順位を一つあげて18位でゴール。悲願の記録更新にガッツポーズが飛び出した。

 頼れる先輩に支えられ、伸び伸びと走った1年生は「先輩たちを超えられるよう、来年は自分たちでこの最高記録を更新したい」と気合を入れ直した。

 

◆何としてもの思いあった◆

 【松山商・浜田定幸監督の話】 18年間更新されていなかった都大路での県勢最高タイムを何としても(更新したい)という思いがあった。みんな落ち着いてやるべきことをやってくれた。選手にはありがとうと言いたい。

 

【松山商の区間記録】

通過順位      区間順位

▽1区   千 守 30分18秒=18

▽2区15 久保昇  8分29秒=16

▽3区19 木 山 24分55秒=22

▽4区20 巻 田 24分49秒=32

▽5区21 岡 田  9分15秒=33

▽6区19 野 村 15分 2秒=15

▽7区18 亀 岡 15分10秒=25

 

【女子】八幡浜の1区・中村(左)から17位でたすきを受け走りだす2区・菊池=京都市北区の平野神社前

【女子】八幡浜の1区・中村(左)から17位でたすきを受け走りだす2区・菊池=京都市北区の平野神社前

【女子】八幡浜の1区・中村(左)から17位でたすきを受け走りだす2区・菊池=京都市北区の平野神社前

【女子】八幡浜の1区・中村(左)から17位でたすきを受け走りだす2区・菊池=京都市北区の平野神社前

【アップダウン苦しむ 悔しさの中に達成感も 八幡浜】

 激しいアップダウンや長い坂などペース配分が難しい都大路に、全国常連の八幡浜が苦しんだ。

 コースの難しさは分かっていたが、今年は部員が7人。「けがをすればチームが組めなくなる。守りのトレーニングになった」と倉田監督が明かすように、クロスカントリーや起伏のある道路での練習を減らさざるを得なかった。

 急勾配の上り坂から始まる2区で、菊池が17位から34位に後退。徐々に順位を落とし、山中が39位でゴールした。4区宇都宮は「昨年は序盤の上りで力を使ってしまった。今回はそれに気をつけたが逆に遅くなり、追い上げられなかった」と反省を口にした。

 悔しさは全員が感じている。ただ3年連続で都大路を駆けた中村と山岡には「自分の力は出せた」という達成感もあった。3年間エース区間を担った中村は、最後まで先頭集団に食らいつき17位と健闘。3区山岡も「前の選手についていけた。悔いはない」と言い切った。

 試合後のクールダウン。5人は横一列に並び、一緒にいる時間をかみ締めるように競技場を走った。3年生は卒業後も実業団や大学で陸上を続ける。最後の都大路を振り返り、中村は言った。「今日が終わりじゃない。これからも刺激し合える仲間でいたい」

 

◆大舞台 精神的な強さ必要◆

 【八幡浜・倉田茂監督の話】 選手はよく頑張ったが、目標のタイムに届かず厳しい戦いだった。大舞台で力を出すには精神的な強さが必要。県予選12連覇の伝統を引き継ぎ、全国での反省を新チームに生かしたい。

 

【八幡浜(女子)の区間記録】

通過順位      区間順位

▽1区   中 村 20分12秒=17

▽2区34 菊 池 14分19秒=46

▽3区36 山 岡 10分35秒=43

▽4区39 宇都宮 10分31秒=53

▽5区39 山 中 17分26秒=47

 

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。